雑記

肩こり闘病記①

こんばんわ!ぺすです!

 

今回は肩こりに関して記事を書こうかと思います。

 

肩こりに悩んだ日々

僕は事務職についており、常に机に座って仕事をしています。そのせいか肩こりが酷いです。肩こり歴で言えば8年?程度でまだまだ駆け出しレベルではありますが、酷かった時は机・鞄に常にアンメルツヨコヨコを忍ばせていました。

 

一時期、肩こりに効くという運動をしたり、町で良く見かける整体や整骨院に通ってマッサージや低周波装置の様な機器により治療を受けていました。マッサージを受けた直後は血行が良くなるのか身体が楽になった気がするのですが、少し時間がたつとまたぶり返し→治療→ぶり返し→治療の連続でした。

 

「こんな頻繁だと出費や時間がバカにならん…。」

そんな時に出会ったのが、整形外科やペインクリニック等の病院で受けられる注射による肩こり治療です。

 

「肩こりの治療って普通整体じゃないの?」「肩こりでわざわざ病院なんて…。」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかも知れませんが、慢性的だった肩こりが整形外科やペインクリニックの注射治療でかなり楽になったので試してみる価値はあるかと思います!

 

僕が整形外科やペインクリニック等で受けた治療は「トリガーポイント注射」と「筋膜リリース注射」です。

 

トリガーポイント注射

肩こりの痛みの原因となっている部分(トリガーポイント)に注射を打ち、血流を改善することにより肩こりを解消する治療です。

背中から注射を打つので、針を見ることが無く恐怖心も多少少な目ですみます。刺さる時にチクっとするぐらいで大して痛くありません(病院によりけりかも知れません)。健康診断等で採血の針が刺さる時の痛みがかなり苦手な僕ですが、トリガーポイント注射の痛みは全然平気です。

脇の下や首元、首元のちょっと下あたりに良く注射してもらっていました。

注射直後は患部に痺れた様な気だるい感覚がありますが、すぐに軽くなります。

 

筋膜リリース注射

癒着してしまった筋肉をはがすための注射です。エコーを使って肩こり等の原因になっている筋肉が癒着している部分を探し、そこに注射をする治療法です。こちらもトリガーポイント注射と同じく背中に注射するので針を見ることはありません。

「(エコーで肩を調べられ)あーここ癒着してますね!ここに打ちましょう!ぷすー!」

って流れで、トリガーポイント注射とあまり変わりません。トリガーポイント注射に比べると少し痛いです(病院によりけりかも知れません)。

こちらの注射も注射直後は患部に痺れた様な気だるい感覚がありますが、すぐに軽くなります。

 

おわりに

病院での治療のおかげで、慢性的だった肩こりが楽になりました。

肩こりにお悩みの方は、一度病院で診てもらうと肩こりが解消出来るかも知れません。

注射による治療を行っている病院には、ホームページの診療案内等に「トリガーポイント注射」「筋膜リリース注射」等の記載があるかと思いますので、ご興味のある方は病院に行く前に事前に確認しておくのが良いかと思います。

 

 

にほんブログ村 グルメブログへ



 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-雑記

Copyright© ぺすブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.