おすすめアイテム 雑記

(男性向け)仕事中や就寝時の汗や蒸れ等のかゆみにお悩みの方へ贈る記事

こんばんわ!ぺすです!

 

今回のブログは前回の続きになります。

 

前回はかゆくならない様に対策を取るという予防的な内容でしたが、今回はかゆくなってしまってからの話になります。僕が男性のため、男性向けの内容となります。

 

前回、仕事中のかゆみ対策の記事を書きました。

 

仕事中のかゆみはまだ良いんです。職場という公共の場+プライベートではなく緊張感ある仕事中ということもあるためか、意外と耐えられたりします。

 

では何が一番辛いのかというと、それは「寝る時」です。

昼間の仕事中に汗ばんで蒸れてしまった部位のかゆみが寝る時にぶり返してくるのです。デリケートゾーン(陰部)のかゆみのせいで目を覚ましてしまうこともあるぐらいです。

 

少しかいて収まってくれるだけなら良いのですが、収まって「あ、眠りそう…」という時になって再度襲ってくるかゆみ…。かゆみがうっとうしくて、眠りたいがために我慢しきれずにかきむしってしまい、目が少し覚めてしまう。その後、また眠気が来てもまたかゆみが襲ってきてはかきむしり目が覚めるの繰り返し。次第にかきむしった場所がヒリヒリして痛がゆくなってさらに眠れなくなるという悪循環です。

かゆみのせいで中々眠れないというのはかなりのストレスになります…。寝たいのに自分の身体が寝かせてくれないという、やり場のない怒りすら込み上げてくる状況です。次の日は寝不足+ストレス+デリケートゾーン(陰部)のヒリヒリ感で辛い1日になること必至です。

 

そんなかゆみに悩まされていた僕ですが、以前は皮膚科にいってステロイド入り塗り薬を貰い、それを使用してかゆみを止めていました。

やはり皮膚科の薬だけあって、短期間少し使うだけであっという間にかゆみが収まるんですよ。

ただ問題が一つ。

ステロイドって、身体の部位によって吸収されやすさが異なる様で、陰嚢部分では吸収率が高いと言われています。普通の部位だったら気にせずにステロイド入りの塗り薬を使っていたんですが使用している部位が部位でしたので、出来る限りステロイド入りの塗り薬には頼らずに対処していこうと考えました。

 

その後、いくつかの市販薬を試して、ようやく運命の商品に出会えました。

 

その商品とは「デリケアM's」です。

デリケアM's

デリケアM'sとは、皆さんご存じ「ムヒ」を製造していらっしゃる㈱池田模範堂さんが製造したデリケートゾーン用の塗り薬です。

こちらのデリケアM'sですが、僕が気にしていたステロイド成分が配合されていません。結構小さめの商品なので、ポケットに入れて持ち歩くことも可能です。

かゆくなった時、このデリケアM'sをその部位に塗ればすぐにかゆみが収まります!

就寝中かゆみのせいで目が覚めた時、かゆい部位にこれを塗ればかゆみに悩まされることなく眠りにつくことが出来ます。かゆみに悩まされていた僕ですが、普通に眠れるということがどれ程幸せなことなのかを実感出来ました。翌日の仕事も快適に乗り切れます。

僕にとってはまさに救世主の様な商品でした。

 

おわりに

汗や蒸れ等によるデリケートゾーンのかゆみに悩んでいる方はデリケアM'sを一度試してみると良いんじゃないかと思います。

ですが、病気の症状によるかゆみの可能性もありますので、かゆみにお悩みの方は一度病院にて診察をしてもらうのが良いかも知れません。

 

なお、デリケアM'sを使用する際は用法用量を守って正しく使用しましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-おすすめアイテム, 雑記

Copyright© ぺすブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.