おすすめアイテム 雑記

仕事中のかゆみにお悩みの方へ贈る記事

2020年6月14日

こんばんわ!ぺすです!

 

僕の仕事なんですが、普通の株式会社で事務職をやっております。

事務職なので当然のことながら仕事中はほぼ座りっぱなしです。

「ずっと座っていられるなんて楽な仕事じゃない」と思われるかも知れませんが、ずっと座りっぱなしの事務職ならではの悩みもあるのです。

腰痛・眼精疲労・肩こり・社内の人間関係等々、様々な悩みがありますが、特に暑い時期に悩みの種となるものがあります。

 

暑い時期特有の悩み、それは「かゆみ」です。

 

暑い季節に座りっぱなしのせいもあり、ふともものつけ根あたり、いわゆるデリケートゾーン(陰部)が汗ばみ蒸れてしまい、かゆくなってきてしまいます。

部位が部位だけに、仕事中に掻くことが難しいんですよね・・・。

 

なので、かゆみを我慢しながら仕事をしなければならないんですが、かゆみを我慢しながら仕事をするというのは結構辛いんです。落ち着いて仕事に集中出来ない。

 

仕事に落ち着いて集中出来ないと、

上司「さっきから落ち着きがないがどうしたんだね?ぺす君?」

ぺす「いや~、股間がかゆくて仕事どころじゃないんですよ。ハハハ。」

なんてことになる可能性もあります。こんなこと言えたら苦労しないわけですよ。こんなこと言ったら恥ずかしくて職場にいられなくなってしまいます。

かといって、職場でこっそりとデリケートゾーンをかいている姿を同僚に見られでもしたらそれはそれで悲惨なことになること請け合いです。

 

こんな悲惨なことにならない様に、僕なりにいくつか対策をしています。

そんな僕の対策を何回かにわたりご紹介したいと思います。

 

職場でのデリケートゾーン(陰部)暑さ対策

何故デリケートゾーンがかゆくなってしまうのかと言えば、汗をかいてしまうからです。ですので、デリケートゾーンの汗を出来る限り防げばかゆみも多少抑えられるわけです。汗を防ぐにはデリケートゾーンに熱がこもるのをなんとかするしかない!

ということで、僕が職場で取っている暑さ対策を2つご紹介します。

 

1.通気性の良いクッションを使う

対策1としては、通気性の良いクッションを椅子に敷くことです。

僕は上記商品を使用しています。日本製ではありませんが問題なく使用出来ています。

通気性も良く腰にも優しい作りなので重宝しています。

ただ、結構厚みがあるクッションなので椅子に敷くと結構座高が高くなってしまうのが難点です。

様々な通気性の良いクッションがありますので、ご自身に合いそうなものを探してみると良いかと思います。

 

2.マグネット付き扇風機を使う

対策2として、マグネット付き扇風機を使うことです。ふともものつけ根あたりに熱がこもる方にはマグネット付き扇風機がオススメです。

 

職場で卓上扇風機を使っている方を良く見かけるかと思いますが、デリケートゾーンのかゆみに悩む僕としては上半身に涼しい風を浴びてもあまり意味がありません。本当に暑いのは下半身なんですから!

ですので僕は、職場ではマグネット付き扇風機を使用しています。

マグネット付き扇風機であれば、卓上だけではなく机の引き出しの裏面や横面に設置することができ、下半身にも涼しい風を当てることが出来ます。

ただ、多少お腹や脚も冷えてしまうのが難点です。冷えが気になる方は腹巻をする・毛布を脚にかける等の対策を取ると良いかと思います。

 

おわりに

通気性の良いクッション・マグネット付き扇風機があれば、ふとももの付け根周辺の汗のお悩みは多少改善されるかと思います。暑い時期の職場では今までよりも快適に過ごせるかと思います。

 

デリケートゾーンのかゆみ、中々人にはいいづらい悩みですよね。僕も職場の人間にデリケートゾーンのかゆみの悩みを言ったことはありません。ただかゆいだけなのに。部位が違うというだけで恥ずかしくて言えないです。不思議なもんです。

そんなかゆみでお悩みの方にこの記事が一助になれば幸いです。

 

次回は、実際にかゆみが生じた際に僕が使用している市販薬をご紹介したいと思います。

次回記事はこちら

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-おすすめアイテム, 雑記

Copyright© ぺすブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.